×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


木工作66


    釜の蓋制作

ロールオーバーします
弟のそば屋で使用中の茹で釜の蓋。

ボロボロになったので作り直してほしいとのこと
こちら側はカスガイで補強・・・裏側はロールオーバーの通りテープで補強という状態です。

先ずは完成品のサイズを採寸します。
板厚は25ミリで直径620ミリ程度。

3枚の板を雇いザネで接いでいるようです。

ロールオーバーします
採寸が終わったら、テープやカスガイを取り外して分解。
アリ桟で組み立ててましたが、スカスカの状態。

裏側も写真の通りボロボロです。
先ずは材料の買い出し。

25ミリ厚の杉板を購入しました。
杉材ではすぐに腐ってしまいそうですが、完成後木固めエースを染み込ませて対策を取れば平気かと。

所用の材料を並べてベニヤのコンパスで下書き。
この後、トリマーテーブルで雇いザネの溝を掘り、タイトボンド3で接着・・・板の反りのため、多少目違いが出ましたが、サンダーで修正すればいいかと。

今週はここで時間切れ・・・続きは次回に

ロールオーバーします
12月23日

先ずは円切り用の治具をベニヤで作っていきます。
ご覧のようにトリマーのベース部に挟み込むようにしました。
センターは釘を打てば手っ取り早いのですが、傷を付けたくないので、ロールオーバーのように穴を開けたベニヤで釘を抑えて使います。
トリマーに6ミリのヒットを取り付けて、約5ミリずつカットしていきます。
径が大きいので、一度に全周カットできず、半分ずつ進めていきました。
で、切り抜いたのがこちら。

まあー、きれいに出来た方でしょう。
切り抜いた材をサンディングして、補強のため木固めエースをたっぷりと塗り込み。
木固めエースが乾くまでの間に、持ち手を加工。

材料はSPFの2*4
自動カンナでサイズを調整し、トリマーテーブルでアリ桟の加工。
途中を撮り忘れてますが、アリ桟の寸法を測り、板に少し小さめに転記して、先ずはストレートビットで所用の深さまで溝を掘り、最後にアリ溝ビットで仕上げていきました。

彫ったアリ溝とアリ桟の密着部にも木固めエースを塗り込み、ゴムハンマーで叩き込んで、更に最後の仕上げとして木固めエースを全体に塗りました。
完成写真をもう1枚。

これで年越し蕎麦のかき入れ時に間に合うでしょう。

    
戻る